深セン日本商工会



<政治・政策 >

新型肺炎とマクロ政策(23)

はじめに 本稿では、銀行業・保険業・工業の現状と、4月23日に李克強総理が開催した一部省市経済情勢ビデオ座談会の概要を中心に紹介する。

4月22日 新型肺炎対策領導小組会議 早期発見が特に重要であり、常態化した防御では検査能力向上を加速し、核酸・抗体検査を大規模に展開しなければならない。これは精確な防御・大衆の健康擁護に資するのみならず、人員の合理的流動、業務・生産の全面的再開推進に資するものでもある。 各地方は検査結果等の方面の情報を相互に通報・認証し、防御措置が完全な前提の下、生活関連サービス業の業務・マーケット再開、学校の授業再開を秩序立てて推進しなければならない。国務院防御連携メカニズムは、疫病リスクの等級確定基準を早急に調整・最適化し、各地方のリスク状況をより精確に反映させることにより、常態化した防御需要に適応しなければならない。「5月1日」(メーデー)休暇期間がまもなく……