深セン日本商工会



<政治・政策 >

新型肺炎とマクロ政策(22)

はじめに 本稿では、国家発展・改革委員会の記者会見、4月21日の国務院常務会議の概要を中心に紹介する。

4月20日 人民銀行が貸出プライムレート引下げ 1年物を0.2ポイント引き下げ、3.85%に、5年物を0.1ポイント引き下げ4.65%とした。今年に入って、2回目、2ヵ月ぶりの引下げである。 中国証券報2020年4月21日は、これには3つのシグナルがあるとし、①既に利下げのコースに進入し、将来貸出プライムレートはなお引き下げの余地がある、②多くの措置を併用して実体経済の資金調達コスト引下げ支援を強化する、③1年物に比べ5年物の下げ幅を少なくしたのは、監督管理層が「住宅は投機のためのものではない」という基調を緩めないことを意味する、としている。

4月20日 国家発展・改革委員会記者会見(1)1-3月期GDP成長率-6.8%について 今年1-3月期は極めて尋常ではなく、新型肺炎の疫病は第2次世界大戦以来最も深刻なグロー……