深セン日本商工会



<政治・政策 >

新型肺炎とマクロ政策(20)

はじめに 本稿では、4月14日の国務院常務会議と「ASEANプ+3新型肺炎対策特別サミット」における李克強総理の発言の概要を紹介する。

4月14日 国務院常務会議(1)企業支援政策 党中央・国務院の手配に基づき、今年に入り疫病防御の供給保障、企業の困難緩和と業務・生産再開のために、遅滞なく一連の政策措置を打ち出した。①減税・費用引下げ方面 小型・零細企業と個人工商事業者に対し、増値税を減免し、一部製品の輸出税還付率を引き上げ、交通・輸送とレストラン・旅館等の企業の損失繰延年限を延長し、企業の社会保険料を段階的に減免し、住宅公的積立金の納付を緩和し、有料道路の通行料徴収を免じ、企業の電気・ガス使用料を引き下げる等の措置を採用した。これに、昨年の減税・費用引下げ政策の後年度効果を加えると、企業のために負担を1.6兆元減じることができる。 同時に、決められた手順に従い、今年度の地方政府特別債限度……